県民デーでの樹林気功体験の様子

2007年11月18日(日曜日)三重県津市美杉町にて、
身近な自然と地域を体験する県民デーというのがあり、
その時に樹林気功を体験してもらいました。


三多気の信福院にて、
この神仏混合の地の説明をする
ケヤキの
説明をする。500年は下らないほどの巨樹!

手を擦り合わせ、まず準備功の
お伝え。
天地に伸びるよう。
気のストレッチを少し。肺経と肝経
を伸ばす。

ケヤキとスギのすぐそばでタントウ功を味わう。
    
何にも考えなくていいんです。ただしばらく
じっとして味わいます。

交流が終わったら、
『ありがとうございました』と心の中で
木に伝えてください。

こんな風に、神の宿る巨樹さんとしばし樹林気功で交流を楽しみました。木をもらうんじゃなくて、
木と人、同じ命としてあくまでも交流します。そこが大切で、小ざかしい気持ちは木々に見破られてます。

地域を知る、木々に親しむ、そしてやさしい人になれる、こんな素敵な事体験できます。
どうです?みなさん、樹林気功一緒に深めませんか?

ページTopへ