5月4日(日曜日)三重県津市美杉町にて。
快晴に恵まれ、10時30分集合〜午後3時過ぎ解散で美杉町太郎生にて樹林気功体験会を行いました。

森を運ぶ人になる。
今回は美杉の森の気を皆さんの心、細胞の中に染み込ませて、又一つ豊かな森を運ぶことが出来る
そんな人になりましょう。

   伊勢地
真福院の大杉に
寄り添って、じっと味わう。
気を取る、もらうという発想
は、自己中心的なことです。
あくまでも、交流という優しい
発想が、はじめから終わりまで
大切です。
 
谷の水音と交流中。背中合わせで
ゆらゆらと・・・・・

日神の不動さんにて、タントウ功で
土地の気を味わう。

巨木めぐりと絡めての体験会でしたが、このような大きな木々が残る自然を後世に引き継いでいかなければ、とても大切な何かを失うと思えてなりません。
自分のためだけに気功をして気持ちがいいというだけでは、気功の本当の深さは見えてこないと思います。
私たちはこの身この精神を使って、世のため、人のため、自然のために何か一つでも多くのことをして生きていかなければいけないのではないでしょうか。それが生きがいであり、命を全うすることだと想います。
そうした想いにまで心が育っていって下さるとありがたいなと、いつも念ってお伝えをさせていただいています。
トップへ