観気行IN美杉 2009年4月26日(日)実施

 それはそれは大変な気象条件の中での観気行となりました。前日一日中降り続いた
雨は上がったものの、寒気が到来!大風・強風の吹き荒れる中での、森での観気行とあいなりました。
時々の通り雨といい、突風に近い風といい・・・・すごい日でした。
 これもまったく観気行!(もしかして寒気行??)荒れた自然の猛威にビビリながら自然のこんな風景はそうはめったに味わえやしない。と、皆さんも半強制的にシブシブ納得??されたようで、最後まで和気藹々と体験会を過ごすことができました。今回は、まったくもって皆さんの気の調和によって、あの悪天候にもめげず、
とてもうまく事が運んだと、感謝しています。ご忍耐まことにありがとうございました。
 豊橋や名古屋、大阪、奈良、兵庫など遠路はるばるお越し下さった皆さんにも、感謝です!

最初、集合場所に名松線乗車組みが到着しない!!
なんと、悪天候による運転見合わせで、いつ再発車するかわからないとか・・・伊勢竹原駅で足止め。それを迎えに行ってもらうことに。
私しかこの場所を知らないので、その後途中まで迎えにいく羽目に。
で、少し気がせいていた藤田先生は・・トイレ休憩に寄るといった場所に寄らず、先に現地近くまで来てしまい、取り残された車二台と離れ離れに!!
その後なんとか遅れて到着してもらい、それはホッ。
現地に着いて、最初のレクチャーを済ませた後、皆さんで按摩功タイムをお願いしたあと、すぐに遅れ組みを迎えに車で降りた。合流して戻ったら、「場所何処でするんですか〜?」って、山の上まで登っていってるみんな。やばい!!下の方にあるコンクリートのテント張り場です!!ここです!!ということで、戻ってもらい、やっと下の写真のように落ち着いた。という、どたばたから始まりました。いゃ〜参ったデス。
グループに分かれて最初の按摩功タイム。
既に強風と時折の遠い雨に見舞われる。が、みんな按摩功!
40分ほどの按摩功の後、もう少し上がった所で
気の交流アラカルト。ここは風が舞い込みにくい、気のたまり場。そこで練功しました。
人の気、春の気、土用の気、そしてこの荒れた天気の気と交流します。

寒いので、早めに車での昼食に入ります。その後は少し天気も持ち直しました。
で、さて次のステージ真福院へ!
この場所では静の気功へと導入。お一人お一人になって頂く時間を作り、タントウ功を練功。

境内でのスワイショウ。いろんなバージョンで楽しく
レッスンできました。荒れた日は動きも激しくなるもんです。
       
昇降開合を十分行い、この地の気と同調したら、  木になる、消えていく・・・
さあ樹林気功の醍醐味、タントウ功の時間です。  自分が自分が・・・・がなくなって行く風景。
                                それがタントウ功ですね。

 お堂の横の400年以上この地に立つ杉さんの前で
記念写真。
          お邪魔しました。ありがとうございました。を伝えました。

 真福院をあとに
参道の大欅さんと大杉さん達にご挨拶。

 この大杉さんは樹齢400年以上だということです。
が雷が落ちたか、幹が割れています。私たち40名しっかりこの木に交流してきました。
健やかで居てくださいね・・・って。

この後、奈良県の天然記念物のかやの木9本群生のお宅(Iさん宅裏山)にお邪魔し、あんまり寒い風が吹くので、地域の公民館へ避難。というか、そこで収功。一時間ほど室内での気功のお伝えをして、
                
タンポポ茶とハブ茶ブレンドティーと萱の実を頂き、身も心もほっとして、今回の観気行は終了となりました。

ありがとうございました。
そして最後、実はまだ名松線が動いていなかった〜^0^ってことで、遠路の方を名張までお送りして、おしまい。 あ〜大変な一日観気行でした^0^

でも、なんだか、それぞれの方々にいろんな気付きや体験をして頂いていたようです。あとでお話をお聞きして、へえ〜。ってことがありました。詳しくはここでは書けませんが、それぞれの命の風景で今必要な何かメッセージを森/杜に伝えてもらった方々もいらっしゃったようです。よかったですね。
また、あの杜あの樹木さん達に会いに行って下さい。「この前はありがとう。お元気ですか?」って。ね。
 
                               ホームへ