樹遷さんと共にもっと深くいのちにふれよう
                         オプション企画

 

PART1:今回の講師今田さんは、国際的に活動されるかたわら、これからの人が育ちあう場として「杜のまなざし塾」というものを主催されています。この時代いろんなものが細分化、専門化されすぎて、全体が見えなくなっているように思います。仕事場でもその部門だけを知ればいいという働き方、医療でもその臓器だけを見て治療していくやり方、、、そんな中で人は自分のしていることの意味を見失い、責任感というものが持ちにくくなっています。そんな味気ない人生に疑問を感じている人も多いのではないでしょうか。そんな中、杜は海の恋人として、お魚が豊富であるために川の上流の杜が大切と植林をされている漁師さんたちのように、見えないところで全体がつながりあっているということを経験的に知っている人達の活動が注目を浴びたり、ホリステック医療、教育といういのちを丸ごととらえる動きが広がり始めています。

今田氏は杜にはあらゆるいのちが豊かに育まれており、杜に入ることで人はいのちの多様性に気づき、孤立分断した自分でなく、すべてとつながりその一部でありしかもかけがえのない存在である自分自身に立ち返ることができる、と自らの体験から語ります。そして杜にはいり、自分という物差しをすて、自然の丸ごといのちの側からのまなざしを持つことの大切さを伝える場として「杜のまなざし塾」を提案されています。

自分も30年前に今田氏と出会い、日本中の多くの自然豊かな杜に連れて行ってもらい、杜からのまなざしに包まれた時の大いなる安らぎを何度も体感させていただいています。

 

この秋、紅葉の季節ということで、この「杜のまなざし塾」を白山のふもとでやろうという運びとなり、ここに広報させていただいています。

縄文の文化にも深い造形のある今田氏のお話を聞きながら、白山の紅葉だけでなく、豊かな水の象徴である滝も多い林道沿いを歩き、大地と、水と、風と、いのちの交流を深めてみませんか。

 

 

PART2  :又今田氏は幼少のときより、東洋医学に精通しており、気功、漢方の世界においては知る人ぞ知られている方です。杜に入るにはちょっと思われる方は「癒しあいの会」を体験されてみませんか。人の杜の交流もいのちの豊かさを味わえる素敵な時間です。病の方こそ癒せる人、悩んでいる人ほど人を癒せる、と常に今田氏は語られます。あらゆるいのちに暖かいまなざしをそそぐ今田氏の想い、やさしさにふれませんか。

力あるもの、健康なもの、お金のあるもの、今の時代は強者の論理であふれているように思います。ですがそれは先細りの不安と孤立の思想であると思うのです。ヘイトスピーチや排除、いじめの風潮はそこから生まれているように感じられます。それと真逆の「いのちひとつらなり」という東洋の思想はこれからの時代の核となっていくようにも思います。それを生身で味わえるこの「癒しあいの会」、体験してみませんか。

当日は秋の気の整えと自らのからだの調整、人との交流を中心に今田氏のお話に心緩めましょう。自分というもののかけがえのなさを知る機会です!

 

 

1031日(火曜日)杜からのまなざしに身を包まれよう企画

白山スーパー林道前9時半集合、金沢からの乗り合い希望の方はワンネスクールの久安事務所前に8時集合。

スーパー林道の中に入りながら滝の気や、紅葉杜の気を味わいます。お弁当持参で

参加費:5千円(乗り合いの方は6500円)解散は現地3時ごろ。金沢4時半ごろ。

定員20

 

 

                                                     1030日(月曜日)癒しあいの会企画

13時から16時あたり

場所:常讃寺「野々市市役所横」

参加費4500

定員:20名

内容:あんま功を中心とした秋の気の整えと、人との交流

 

どちらの企画も申し込み制となります。

問い合わせも含め、森まで 090−2039−4390